酸素計算方法 

本日は酸素の残圧計算方法です。

しかしの計算のやり方がわからない人は、中にはいると思います。

たまに聞かれるので載せときます。

 

そんな方にはこの表が必見

この表は酸素を約80%を使用した数値です。20%は余裕を見ましょう。

酸素は流量計がレッドラインに入ると病院の方に注意される可能性があるため、なるべくレッドラインに入ったら交換をした方がいいでしょう。

そして酸素を使用する患者には、常に余裕を持った対応を

まずは500ℓボンベ

おそらく一番使うことが多いボンベ

次は300

航空機移送の際に使用する方が多いと思います

表紙は1500

車内の酸素ライン切り替え用

これを覚えていれば現場の活動時間がより効率よくなると思います

参考にして頂ければ幸いです。

※搬送先の院内介助の時間も含め計算を忘れずに。

最後に、リザーバー付高濃度酸素マスクを使用する患者には、車内に1500ℓボンベが積んでないと対応は難しいです。

ギリギリ酸素が持つだろう…と言う考えを持つのはNGです。

そして酸素を切り替える際は、弁を押さえリザーバーを膨らますのを忘れずに!!

それではまた!

関連記事

  1. MANA

  2. MANA

  3. ハードな一日

  4. QR決済

  5. エタノール消毒剤

  6. LINE

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA